星のささやき

愛犬みっきぃの事と、mikinee.のひとりごと。

スポンサーサイト

Posted by mikinee. on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも 明日はやって来る

Posted by mikinee. on   0 trackback





あの日・・・

家族は バラバラだった

電気、水、ガスが止まって 1番肝心の 電話が繋がらない



連絡が 取れない


無事で いるのだろうか、不安な気持ちが 大きくなる





ロウソクの灯りの中 ただ 携帯電話だけを 見つめてた

いつ繋がるか わからない

時々襲ってくる 余震の中 ただ 携帯電話だけを 握っていた




それでも 明日は 来る

太陽は いつものように この街を照らす


そして 私たちは あの日から 眠れない夜が 続いた




IMG_05192.jpg









昼間 おにぎりを 作った
ちいさいおにぎり2個を 実家にいる じいちゃんに 届けた
翌日 様子を見に行くと サランラップに包まれた おにぎりが そのままある
「じいちゃん、食べながったのが?」 そう言うと
じいちゃんは おにぎり2個を ジャンバーの ポケットに入れて
「ばあちゃんと かおるを 探してくる」 そう言って 車に乗ろうとした
実は 実家のばあちゃん(私の母)と 妹のかおるちゃんは 旅行中だった
行ったところは 津波の被害が ひどいところ
「ガレキで 道路なんかない!車なんか走れないから やめてちょうだい!頼むから・・・」
必死で止めた
1人で 家を守っている じいちゃんは じっとしていられなかったんだろう
その ばあちゃんと かおるちゃんは その日泊まるホテルに行く途中で被災した
数日間 そこの小学校で 避難生活して 運よく 車は 流されてなかったので
すごい回り道をして 帰ってきた
その1年後 ばあちゃんは 癌で亡くなった、せっかく助かった 命だったのに・・・




息子とも 連絡が 全然取れなかった
とうちゃんは 片道しか入ってないガソリンの車で 探しに行こうとした
じいちゃん同様 止めたけど 私も 本当は 行きたいと思っていた、もちろん 行くのは 断念したけど
当時 大学生だった息子は 宮城県で 1人暮らししていた
地震のあったときは アパートにいたのだが
連絡のとれない友達が心配で 友達のところへ行こうと 外に出た
雨も降ってないのに 道路が濡れているのを 不思議に思ったそうだが
実は それは 津波の第一波が引いた後で 近くにいたおじさんの
「津波が来る!逃げろ!」
その言葉で 近くのビルの 非常階段を登り 屋上へ
そして そのあとすぐに来た津波で 地獄を 目の当たりにしたのだそうだ




あの時
ちょっとしたことが 明暗を分けた
これも 運命なのか
神様は どうしてこんなことをするんだろう・・・・・・・・そう思わずにいられない





ランキングに参加しています!!

ぽちっとよろしくお願いします(^ω^)♪



にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村

コメント欄は 今日は お休みです

スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://mickey11042.blog.fc2.com/tb.php/58-5ab12450
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。